« DreamWeaverからちょっと離れてみない? | トップページ | 技術を何のために使うのか? »

2005-04-18

子供にとってのWebアクセシビリティ

4/25(月) 大阪市立大学文化交流センターで研究会を開催します。

開催概要

名称
第5回ACRI研究会 「子供にとってのWebアクセシビリティ」
http://www.acri.jp/workshop/accessibility-for-children
日時
2005年4月25日(月曜日) 19時〜21時
会場
大阪市立大学文化交流センター 大セミナー室
〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-600
大阪駅前第2ビル6階 大セミナー室
電話:06-6344-5425、FAX:06-6344-5524
周辺地図
http://www.media.osaka-cu.ac.jp/Toshi/yoteiti.html
http://www.acri.jp/workshop/6Fjimu_1.gif
会場へのアクセス
  • JR大阪駅 中央口下車徒歩5分
  • JR北新地駅下車徒歩3分
  • 地下鉄西梅田駅下車、7A番出口より徒歩5分
  • 地下鉄東梅田駅下車、8番出口より徒歩5分
  • 地下鉄 御堂筋線 梅田駅 下車徒歩5分
参加費
1,000円

プログラム

  1. 受付開始 (18時40分より)
    大阪市立大学文化交流センター 大セミナー室 入り口にて
  2. イントロダクション (18時15分より)
    持田 徹 (ACRI 代表)
    ACRIプロジェクトの最新状況や、今回の研究会のプログラム概説をお話します。
  3. 小学生にとってのWebアクセシビリティー (19時00分より)
    和田 和子
    コンピューター利用開始年齢の若年化が進み、 小学校においても授業の中でコンピューターが利用されています。 入学前からコンピューターを使っている児童もどんどん増加してきています。そこで、小学校の現場で利用されているWebページで、 小学生にとってどのようなものが使いやすいものか等を授業のアシスタントの視点から お話ししていただきます。
  4. 休憩 (19時30分より)
  5. 今、高校では (20時00分より)
    講師: 池田 明 ( 扇町総合高校 ) 司会と突っ込み: 中野 秀男 ( 大阪市立大学 創造都市研究科教授 )
    情報教育における表現技法の指導方法についての実践と研究をされていらっしゃる 扇町総合高校の池田明先生に、実践授業の様子をご紹介いただきながら、 インターネットを利用した教育の現場での問題点や課題などを挙げていただきます。
  6. 質疑応答 (20時45分より)
  7. 閉会 (21時予定)

|

« DreamWeaverからちょっと離れてみない? | トップページ | 技術を何のために使うのか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49009/3754868

この記事へのトラックバック一覧です: 子供にとってのWebアクセシビリティ:

« DreamWeaverからちょっと離れてみない? | トップページ | 技術を何のために使うのか? »